体験談・お知らせ

TOPICS

ガソリンスタンド給油方法(セルフ)

今回は、車に乗ると必要となってくる燃料の給油。
しかし、最近主流となってきているセルフのガソリンスタンドの給油は不安
そのような声が多いのでセルフガソリンスタンドでの給油方法について
一例をご紹介いたします。

①先ずは自分の乗っている給油口の方向(右・左)を確認する。

※メータ内の燃料計の燃料マークの横に小さな三角マークで方向が示されています。

②空いている給油レーンに車を停める。
給油口が右側の車は左側のレーン・給油口が左側の車は右側のレーンへ
(給油ホースはある程度離れていても給油可能ですので、近付き過ぎに注意。

給油時は必ずエンジンは停止してください。
(ハイブリットの車もスイッチオフ)
もちろん、ガソリンスタンド内では禁煙です。

③車の給油口のふた(扉)を開ける(※注意※ 車両により多少方法は変わります )

※運転席周辺にある給油口オープンのレバーを引くと給油口が半開きになります。
(車両によっては方法が異なる場合があります )

④給油機にて油種を選択し、満タン給油or金額設定・給油量の
設定による給油かを設定する。
また先に入金が必要な場合は現金等を入金する。

◎レギュラーガソリン(レギュラー仕様の車 )
◎ハイオクガソリン(ハイオク仕様の車 スポーツカーや外車etc… )
◎軽油(ディーゼルエンジンの車 )
自分の車の給油する燃料の種別は確認しておきましょう。

⑤給油口(扉)を開いて給油キャップを開ける。

※給油キャップは回すと開きます。
 給油キャップは絶対に無くさないようにしてください。

⑥静電気を除去するシートに触れてから、
 自分の車へ給油するノズルを給油口へ差し込む。
 (教習車はレギュラー仕様なのでレギュラーガソリンを給油します )
◎レギュラーガソリン(赤色)
◎ハイオクガソリン(黄色)
◎軽油(緑色)

いよいよ給油です?

⑦給油ノズルのレバーを引き、自動的に停止する(カチッとなる)まで給油する。
 ◎満タン設定の場合→満タンになれば止まります。
 ◎設定した量(金額設定・給油量〇?)の場合、その量まで自動的に入ります。

⑧給油が自動的に停止したら給油ノズルを引き抜いて元の場所へ返す。
 ※この際、給油レバーは絶対に引かないで下さい(ノズルから燃料が出てきます )
 また、給油ノズルは正確に元の場所へ置いてください。(置き方が悪いと終了しない )

⑨給油キャプを忘れずに閉める(カチカチっと音がするまで)
 給油口のふた(扉)も閉める。

⑩給油口を閉めたこと等を再確認し、周囲の車に気を付けて出発。

給油完了。

TOP