体験談・お知らせ

TOPICS

[東京]女性シニアに優しいペーパードライバー出張講習口コミ高評価レポート2[目黒区]

今日は東京都 目黒区在住、ペーパードライバー歴5年の男性のお客様の教習です。


マイカーをご購入されて納車間近の為、練習しておきたいとの事でした。
ご自宅が高台にあり、かなりの坂道と狭路が…マイカーで通れるようになりたいとの事なので、練習する事に。「狭路なんて教習所のS字やクランク以外通ってないです」とお客様がかなり緊張してました。狭路では速度をしっかり落としてゆっくり走行し、車両の幅やタイヤの位置を考えながら内輪差に気を付けないとですよね。クリープ現象を利用しながらブレーキをコントロールしていきます。

車種にもよりますが、一般的に教習所の教習車等は車幅が1.8mです。両手を広げて少しそれより大きい位と考えると案外車の車幅も漠然とではありますが、掴みやすいですよね。

お客様が通行しようとしている狭路には標識のポールがあるので、サイドミラーをぶつけないように慎重に通り抜けていきます。万が一車体は通るけど…サイドミラーがなんて時はサイドミラーをたたんでその場を回避すると良いですよね。工事現場等、割と狭路って沢山あるので、落ち着いて通り抜けてみて下さい。


無事通り抜けお客様が、「美空ひばりさんのご自宅ですよ」と。左を見たらひばり記念館と書かれていました。教習しながらしっかり楽しませてもらいました。


次に幅寄せがあまり得意ではないとの事だったので、車通りの少ない場所で幅寄せの練習です。
しっかり水切り部分に前輪を入らせ車体をまっすぐにしていきます。水切り部分に入る為にハンドルを切った分、車体をまっすぐにする為には反対側にも同じようにハンドルを返してあげないと車体はまっすぐにはならないですよね。

ただし、切った分返す時に夢中になり車体がまっすぐになってからハンドルをまっすぐにしないと、せっかく寄せたにも関わらず、また寄せた場所から離れてしまうので、注意ですね。そんな事をお客様と話ながら、何度か練習し…


気付くと横浜方面に来てました。高速の下の道路を走りましたが、ほぼ高速のような感じでした。割とカーブも多いので、速度が出過ぎないように気を付けながら走ります。
今回の教習では場所に応じて速度を考えるようになりました。とお客様がおっしゃってました。どんな時でも、怖いとか不安を感じた時はハンドルで回避ではなく速度をまず落としてそれからハンドルで調整をしてみて下さい。
お客様もマイカーと早く仲良くなり沢山行きたいとこに行けるよう頑張りますとおっしゃってました!
応援してます!

TOP