体験談・お知らせ

TOPICS

現役指導員による〜タイヤの空気圧調整〜

以前にタイヤの空気圧の調整をしてから、概ね一ヶ月くらいが経過し、そろそろ空気圧が減っていないか気になってきました。
そのようなお話をすると「車も自転車みたいに空気を入れられるのですか?」とご質問がありました。
「空気圧は自然に低くなるので、月に一回くらいで点検したら良いですね」とお話したら「やり方を見てみたい」というご希望がありましたので、セルフのガソリンスタンドでタイヤの空気圧を調整したいと思います。
空気圧はガソリンスタンドのスタッフさんにお願いすれば調整していただけますが、自分でやってみたいという方もいらっしゃると思いますので、セルフでやってみたいと思います。


運転席のドアを開くと、下記のようなステッカーが貼ってあるので、この数値を基準に調整していきます。
どの車にも大体この部分にステッカーがあります。


このタイヤサイズは「155/65R13」ですので、指定空気圧は前輪も後輪も「200kpa」になります。


こちらが空気圧充填機です。スタッフさんにお断りして拝借しました。
ちなみに無料です。これまで有料だったことはありませんが、中には数百円くらい必要なところもあるそうです。


では、タイヤのエアバルブのキャップを回して外していきたいと思います。
反時計回りで外れます。


エアバルブのキャップが外れました。


次に、空気圧充填機のホースの先をエアバルブに押し当てます。


こんな具合です。


その時の空気圧は「180kpa」と少々減っていました。
足したいと思います。


+側に倒すと足せて、-側に倒すと減らせます。


しばらくしたら減ることを考え、すこし多めに調整しました。
これで一ヶ月くらい先まで安心です。


最後はエアバルブのキャップを閉め忘れないようにしましょう。

同じ要領でタイヤ4本とも調整したら完了です。

空気圧が低くなっていると燃費が悪化したり、偏摩耗したりなど悪いことばかりなので普段から気をつけておきましょう。

改めまして、『ファーストドライビングスクールでの講習内容』を簡単に説明させていただきます。
ペーパードライバー講習の他にも様々な講習を行なっておりますので参考にしてみてください。

ファーストドライビングスクールでの講習内容

・ペーパードライバー講習
基本的な車の動かし方、交通ルールの確認、車庫入れの練習、高速走行、送迎や通勤などの決まった道の練習
マイカーを使用したレッスン(教習車のレンタルも可能)、実際に使用する道を走行するレッスン、

・運転免許一発試験(新規取得、再取得)
・企業向け安全運転講習
・外国免許切り替え
・普通第二種免許対策

ファーストドライビングスクールでは体験講習のほかに、運転レベルに見合わせたコースをご用意しております。

ファーストドライビングスクール 料金

・スタンダードプラン 3時限(150分)×4回コース 58,500円
1時限(50分)あたり4,875円
・エキスパートプラン 3時限(150分)×7回コース 99,600円
1時限(50分)あたり4,743円
・スペシャリストプラン 3時限(150分)10回コース 138,900円

*オプション
・教習車レンタル 200円
・早朝or夜間料金(5:00〜7:00、17:00〜19:00) 1,100円

お問い合わせ

ファーストドライビングスクールのお問い合わせ先はこちら↓
東京:03-6822-2702
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
大阪:06-6907-3020
〒570-0032 大阪府守口市菊水通2丁目4-16守口一号館 3F

ファーストドライビングスクール ロゴ

女性シニアも安心ペーパードライバー出張教習 大阪・京都・奈良
ファーストドライビングスクール大阪校
所在地 〒570-0032 大阪府守口市菊水通2丁目4-16-守口第一ビル3F
TEL 06-6907-3020

女性シニアも安心ペーパードライバー出張教習 東京・神奈川・千葉
ファーストドライビングスクール
所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
TEL 03-6822-2702

TOP